お風呂の浄水器は肌トラブルを回避してくれる

私たちが使用している水は、ダムなどから浄水場に取り入れて浄化し、水道管を通って各家庭や施設に送られています。

使用した排水は下水処理場や浄化槽で基準の水質まで浄化されて河や海に流されます。浄水場でキレイに浄化した水にも、どうしても取り切ることができない不純物や細菌が残ってしまいますので、最終的には消毒剤を注入して滅菌しています。消毒剤が無くては細菌が繁殖してしまいますので、蛇口から注水しても消毒剤が水の中に残るよう量が調整されています。

残っている消毒剤を「残留塩素」と言い、身体には悪影響を与えてしまいます。具体的な悪影響の一つとして、残留塩素は肌や髪の毛などのタンパク質を傷めてしまう作用がある為、カサツキやかゆみの原因になってしまいます。お風呂場に浄水器を取り付けることで、肌トラブルが改善される可能性が高くなりますので、小さな赤ちゃんや肌の弱い方はもちろん、お風呂好きの方にも喜ばれるアイテムだと思います。浄水器をすぐにでも取り付けたい方は、シャワーヘッドタイプがおススメです。活性炭などのろ過フィルターを内蔵したシャワーヘッドに交換するだけですぐに浄化された水を得ることができます。

しかし、お察しのとおりカランなどから出る水は浄水されていません。お風呂に限らず家中の水を浄水にしたい方は、セントラルタイプのものを取り付けましょう。本管の水を浄水器を通して各部屋に送りますので、すべての場所で浄水を使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *