お風呂やシャワーにつける浄水器の効果

口に入るものだからキッチンに浄水器をつける人は多くいます。

しかし、お風呂やシャワーに浄水器をつける人はあまりいないのが現状です。しかし、お風呂に浄水器をつけることによって様々な効果を得ることができます。お風呂の水を綺麗にすることで得られる効果としては、一般の水道水には残留塩素が含まれています。

雑菌を死滅させる働きがあり安全のためには重要な塩素ではありますが、同時に肌や髪の毛のたんぱく質にも塩素はダメージを与えているとされています。確かに刺激自体は低刺激ではありますが、敏感肌であったり、アトピー症状があるなど肌にトラブルがある場合にはその刺激ですら負担になってしまうことも考えられます。浄水器をつけて塩素を取り除くことによって、刺激が少なくなり肌が柔らかくなったりすべすべする、髪の毛の切れ毛や枝毛などが少なくなってサラサラになる、アトピー症状が軽減するなどの効果を期待することができます。入浴は基本的に毎日するものですので、その負担がなくなるだけでも高い化粧水などを使わなくても肌質や毛質の改善につながります。

大人よりも肌の薄い赤ちゃんにも安心して使うことができます。お風呂用の浄水器は大きさもタイプもいろいろなものがあり、性能によって値段も変わってきます。自分の家の浴槽やシャワーなどタイプに合わせて選べるというのも魅力的なポイントといえます。コスパなど総合的に考えて選んでいくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *