浄水器のかしこい選び方

浄水器の種類はたくさんあります。

形や機能、設置する際の方法やかかるコストなど、種類ごとにそれぞれ変わってきます。ろ過されて出てくる水の種類も、アルカリイオン水、水素水、ミネラル水など多種多様にあるのです。どれを選んだら良いか選び方が分からず、購入する際に迷ってしまう方も少なくないことでしょう。

自分に合った浄水器の選び方は、まず設置方式の違いを把握することから始まります。水道蛇口の先端に取り付けるタイプのものは、最も多く普及している型式です。コンパクトで簡単に取り付けられるので、手っ取り早く設置したい人におすすめです。ろ過能力を重視するのであれば、据え置き型のものが適しています。浄化装置が大きいためシンクの横などにおかなければならず、場所を取りますが、そのぶん質の良い水が生成されます。料理するための水などを浄水化したい場合には、この2つのタイプから選ぶのが一般的でしょう。

浄水器の選び方で迷ってしまうことの大きな要因として、フィルターの素材が挙げられます。フィルターは不純物を取り除いて綺麗な水を作るための要です。よく耳にする素材として、活性炭式のフィルターがあります。安い価格で手に入ることがメリットですが、すぐに買いかえなければならないため長期的な使用には向いていません。長期的に使うことを考えるのであれば、ろ過膜式など別の素材を使用するか、活性炭式とそれらを併用するのが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *