ウォーターサーバーはどのような料金がかかるか

ウォーターサーバーの料金として、使い方に関係なくほぼ同じように発生するものがサーバーのレンタル料、メンテナンス料、電気代です。

レンタル料やメンテナンス料は無料のものも多いです。ウォーターサーバーの電気代は機種によって違いがありますが、1000円以下であるものが多いです。自動で設定温度の切り替えを行う節電機能のある機種では500円以下になります。手動で温度を切り替えられるものもあり、あまり使わない時は常温に近い温度にする事で節約できます。熱湯機能のないものや、常温のみで利用する機種も一部にはあり、これらを使うと電気代を抑えられます。注意しなければならない事として、冷水や熱湯の機能は殺菌などの作用もあるため、節電のために電気を切るのは良くありません。

電気代が気になる場合は節電機能のある機種を利用します。ウォーターサーバーの使い方によって大きな影響があるものが水の料金です。水の使用量が少ない場合には影響は小さいですが、量が多くなってくると、前述のレンタル料や電気代などよりも影響が大きくなります。

ただし、水に関しては単純に料金だけで比較するものではありません。水には天然水や濾過水などの種類があり、含まれる成分や味も異なります。安さだけを追求して好みではない水を使うのはあまり良い利用方法ではありません。そのため、自分がどのような水を利用したいのか決めて、それを利用できるメーカーの中でどれを選ぶと最も安くなるのかを検討すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *