据え置きタイプの浄水器のメリット

日本の水道水はそのまま飲むことができるため、一見綺麗に見えますが、カルキなどの不純物があり水本来の美味しさではなくなっています。

そんな不純物を取り除き安全に水道水を飲むことができるようになる機器が浄水器です。しかし、浄水器と一言でいってもいろいろなタイプがあり、キッチンの大きさなどによってオススメできるタイプは異なってきます。そんな浄水器の中でも浄水性のが高いのが据え置きタイプになります。また、ビルトイン型などに比べると手軽に設置できるという特徴があり、大掛かりな設置工事をしたくないという人でも簡単に取り付けられるというメリットがあります。

そんな据え置きタイプの具体的なメリットとしては、まず据え置きタイプは取扱説明書を見ながら自分の手で設置できるものが多いということが挙げられます。サイズはメーカーによって異なりますが、スタンダードなものは幅20cm×高さ30cm×奥行10cmと比較的コンパクトですので、高齢者や女性でも取り付けられます。

本体価格は2~8万円とリーズナブルなものも多く、手軽に導入できるというのもオススメの理由です。また、ろ過能力が高いというのも大きなメリットです。高性能なフィルターが内蔵されており、水道に混じった不純物をしっかり除去する機能があります。サイズが大きいためろ過流量も多く、飲み水だけではなく料理などにも支えられます。カートリッジの交換も一年と少なく、手入れが楽なのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *