相続人調査と弁護士の活用

亡くなった人からの財産を受け継ぐ資格のある人のことを相続人と呼んでおり、基本的には亡くなった人と血縁的に一定の関係にある人ということになります。こうした資格のある人を発見するために行うのが、相続人調査であり、遺産を相続をしたときにはまっさきに行うべきものといえます。調査にあたっては、現在の家族や親戚といった人々の記載がある戸籍謄本、亡くなった人の除籍謄本などを市町村役場に請求して交付を受け、その内容を確認することが必要となります。引っ越しや結婚で本籍地が変わるなどしている場合には、遠隔地の市町村役場に郵便で請求をするということもあります。

遺産に不動産が含まれている場合には、法務局に行って所有権移転登記とよばれる手続きをしなければなりませんが、その際には亡くなった人の出生から死亡までの経過がわかる戸籍謄本や除籍謄本が必要ですので、通常は何通にもわたって取得する必要があるほか、管轄の市町村役場についてもひとつでは済まないものです。これを個人で収集するにはたいへんな手間と時間がかかりますので、弁護士や司法書士といった、法律問題の専門家に代行してもらうというのも有効な方法です。戸籍謄本や住民票といった、身分関係が明らかになる公文書は、原則として本人や親族でないと請求が難しいものですが、第三者であっても、目的が明らかで、正当な理由がある場合には、限定的に請求することも可能な場合があります。弁護士であれば、こうした書類の取得も法律で認められた業務の一環ですので、職務上請求書を提出して請求をすれば、スムーズに交付を受けることが可能となっています。

Filed under: 交通事故, 交通事故 示談 広島, 示談

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website