相続でトラブルになる前に弁護士に相談しておくこと

相続でよく遺産に関してトラブルになるケースがあります。よく問題になるのは主に二点です。誰がいくら相続をするのか、また相続人は誰かということです。この二点に関しては密接な関係があるわけですが、可能であれば生前のうちに弁護士に依頼して遺言書を作成したり、あるいは生前贈与を行うことで、ある程度財産を最初に分けてしまうことが可能です。

特に財産の生前贈与は、それ自体が遺言の中に含まれることも多く、後の相続税といった税金対策としても有効になるケースがあります。一方で生前贈与は、余りにも高額になると贈与税の課税対象になったり別の税金の課税原因になることがあり得ます。したがって、慎重に行わなければならないことは言うまでもないこととなります。親族が多い場合には生前にある程度は分けてしまい、贈与税の非課税枠をうまく利用して課税されないようにすることも可能です。

一度に贈与する金額が大きければ、非課税枠を超えてしまい結果として税額も大きくなるということですから、非課税枠に収まるように小分けにして贈与をしてしまえば、後の相続税も引き継ぐべきものが少なくなるわけですから、節税効果が得られます。ただし、このやり方は毎年定期的に行っていると、すべてを一括で贈与したものと見なされ、課税されてしまうケースもあり得るために、注意しなければなりません。生前贈与も含めて税金のことは税理士に、誰が財産を受け継ぐのかは弁護士にといった具合に、よく士業の専門家に相談することが大切です。

Filed under: 債務整理, 債務整理 弁護士 広島, 弁護士

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website