弁護士に相続を放棄する手段を相談しよう

相続は、権利を持っている人が亡くなった人の遺産を継承する行為を意味します。この相続権は勝手に付与されるわけではなく法律に規定されている人物に対して与えられるものであるため、基本的に相続が生じるケースにあったばあいには法定割合によって遺産が分割されます。しかし、こうした継承によって与えられる遺産には財産だけが含まれているとは限らないところがトラブルのもとになっています。亡くなった人が抱えているものは何も財産的な価値があるものだけとは限らず、借金を抱えたままこの世を去ることも十分に考えられます。

このような場合には、相続の権利を行使した際に借金も一緒に受け継いでしまうことになりますので権利を行使する人は非常に不利な立場に立たされることになるのです。そうならないようにするためには、弁護士に相談をして遺産を継承する権利そのものを放棄するという手段を相談しなくてはいけません。遺産に関する権利をどのように行使するかは本人の自由であり、これに関しては義務は存在しません。実際に、この権利は時間が経過すれば他の民事的な権利と一緒で時効が成立します。

借金を背負いたくない人は権利そのものを放棄することで一切の借金の肩代わりをする必要もありませんが、後から財産が見つかったとしても権利を放棄した人はそれを継承する権利もなくなるのでメリットとデメリットをよく理解してから相続権を行使するように心がけなくてはいけません。

Filed under: 債務整理, 債務整理 相談 広島, 相談

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website