遺言書で相続をする場合は弁護士に依頼をしておく

遺言書で相続をしたいと考えている人は、事前に弁護士に協力の依頼をしておく必要があります。一般的な相続は民法に規定されている法定割合での相続なのですが、この方法はあくまでも亡くなった人が何の意思表示もしていなかったときに適用される規定であるので、亡くなる前に財産を持っている人が何らかの意思表示を残していた場合には、その意思表示がその人の望みと言うことになって法定割合どおりの相続をしなくてもよくなります。この最たる例が遺言による規定で、遺言書が残っていればその内容どおりに財産を分割することができます。なぜ遺言をするときには弁護士が必要になるのかと言うと、残された遺言が本当に亡くなった人のものであるのかどうかを証明しなくてはいけないからです。

確かに、遺言書が残っていればそれが最後の意思表示になりますが、単なる紙一つでは捏造が簡単ですし、偽造をすることもできます。生前に財産を持っている人が書いたと言うことを証明するためには、それ相応の客観的な証明と証拠が必要になりますので本来は弁護士や医者のように確実性や正確性を担保できる人の傍で遺言を書くことが重要になります。そして、遺言を書いた後には立ちあった人の名前とサインをすることでより確実な遺言として扱われるようになるわけです。遺言は、近年ではテープレコーダーなど肉声にとって残す方法もありますが、何よりも大事なのでは弁護士などによってそれが本物であると証明することにありますのでそのことを知っておきましょう。

広島で債務整理のことならこちら

Filed under: 債務整理, 士業, 広島Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website