相続問題を弁護士に依頼するときの選び方について

相続について弁護士に相談したいときには、法律面でのサポートだけではなく、依頼者と他の相続人との間に生じる経済面や感情を考えた上でサポートしてくれる弁護士を選ぶ必要があります。争いを防ぐことや円満に相続を行えるように遺産分割協議や、協議書の作成業務、遺言書の作成などを弁護士に依頼することができます。相続税の問題についても生じてきますので、税金の専門家である税理士のサポートが必要になることも考えられます。自分自身では手に負えないと感じる問題が大きくなってくることが考えられますので、専門家に依頼することが解決への第一歩になると言えます。

弁護士に相談したいと思っているときであっても、他の専門家の協力がなければ良い解決に導いてもらえないことがありますので、手続きを進めるためには他の専門家との連携が大切になります。弁護士に依頼したときに、税金については税理士に別途相談してくださいと言われると、依頼をする身になってみれば手間がかかってしまいます。同じ事務所内に他の専門家が所属しているところや、連携している事務所もありますので、事前に確認してから相談することがおすすめです。ひと口に専門家といっても、全ての分野において得意としているわけではなく、先生ごとに得意分野を持っているものです。

そのために相続問題の依頼をするときには、それを得意分野としている先生を選択する必要があります。ホームページ上に過去の事例などについて掲載している法律事務所がありますので、参考にすることができます。

Filed under: 債務整理, 士業, 相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website