相続の流れと弁護士への依頼

相続が発生すると、さまざまな手続きが必要になります。中には期限が決められているものもあるので、全体の流れを把握しておくことが大切です。公正証書遺言がある場合には、すぐに遺言執行ができますが、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合には家庭裁判所での検認手続きが必要です。また、遺言がない場合には、相続人を確定するために、戸籍を全て取り寄せます。

名義変更や預貯金の引き出しに、戸籍謄本や関係図等は必要になるので、しっかりした調査が必要です。遺産分割後に新たな遺族が見つかったら、遺産分割協議をやり直すことになります。遺産分割の前に、遺産評価を行います。負債や未払い金など、全てを調査します。

債務など、マイナスの遺産が多い場合には、限定承認や相続放棄を行いますが、これは3ヶ月以内となっています。亡くなった人の所得税申告と納付は、4ヶ月以内に行います。遺産を受け取った場合には、10ヶ月以内に相続税を申告し納付する必要があるため、それまでに遺産分割協議を終えて、分割を実行します。遺産分割協議が成立しなかった場合には、調停や審判に進むこともあります。

このように、短い間に多くの手続きを行う必要があるため、問題なく進めるためにも弁護士に相談するとよいでしょう。いろいろな調査も弁護士ならスムーズに行うことができます。また、トラブルを起こさないように、内容を配慮した遺言書を作成するなど、生前から準備しておくことも重要です。こちらについても弁護士に相談すことで、相続トラブルを防ぐことができます。

Filed under: 士業, 広島, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website