生前の相続を弁護士に相談しておこう

相続は、相当の財産を持っている人が亡くなった後に本来行われるものですので、生前に行われる財産の贈与は相続には該当しません。しかし、生前に財産を別の誰かに法律的に妥当な手段で贈与しておくと、その財産に対して相続税がかからなくなるので税金を一切支払うことなく財産を家族に残すこともできます。こうした方法で効率的に財産を分け与えるときには、事前に弁護士に対して相談をしてそれを証明することが可能な書類などを作ってもらっておくことが大事です。これによって、生前に財産を分けても相続と同じ効果を発揮することができるので、法律的にも文句を言われることがなくなります。

基本的に、生前に財産を分け与えるときには財産を持っている人とその財産を貰う人の契約によって行わなくてはいけません。財産が分け与えられてもお互いの同意が無い状態だとその効果は無効になってしまうこともあります。弁護士は、こうした特別な方法で財産を分け与えるときに傍にいてもらえれば心強い味方になります。例えば、生前の分与だけではなくて遺書を残すときにも弁護士がいれば遺言書が本人のものであると言うことを客観的に証明することができるようになります。

元々、相続そのものは民法で規定されているものであるため何もしなかったときには法定割合によって自動的に分けられてしまいます。亡くなった人が本人の意思表示を貫くためには生前に相応の準備をしておかなくてはいけないのでそのことを忘れないようにしましょう。

Filed under: 士業, 慰謝料, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website