相続放棄の概要と手続き

相続放棄とは、被相続人から承継できる遺産を、相続人が全く承継しない事を言います。遺産には、正の財産である現預金や不動産、株式、負の財産であるローンなどの借入金、未払いの費用や税金などがあります。その正の財産より負の財産が多い場合、つまり負債の方が多く相続をするメリットがない場合や、あるいは他の相続人により多くの遺産を渡そうとする場合などに相続放棄が行われます。相続放棄をするためには、家庭裁判所に放棄の申述をしなければいけません。

その手続きは、相続放棄の申述書、被相続人の住民票除票もしくは戸籍附票、放棄する申述人の戸籍謄本に、収入印紙800円分と連絡用の切手を添えて提出します。なお、申述人と被相続人の関係によって、被相続人の死亡の記載がある戸籍謄本などが必要となります。手続きが終わると、一般的には家庭裁判所から照会書で本人の意思を確認されますが、裁判所によっては面談を求められたり、そもそも確認が無かったりします。そして、確認が終わると申述受理通知書が送付され、全ての手続きが完了します。

また、相続放棄は、相続の開始を知った時から3ヶ月以内に、被相続人の住所があった地域の家庭裁判所で手続きをしなければいけません。もし、期限を過ぎた場合は放棄することはできず、全ての遺産を相続することになります。ただし、3ヶ月以内に相続または放棄の判断をするための資料を用意できない場合には、家庭裁判所に期間を伸長する申立てを行うことで、その期間を伸ばすことができます。

Filed under: 士業, 弁護士, 過払い金Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website