家庭裁判所に相続放棄をする流れ

被相続人が多額の借金を残したまま亡くなってしまった場合や、資産的な価値のない土地を相続しても維持管理の負担の方が大きい場合などに、申請されるのが相続放棄です。相続人が被相続人の遺産を必要としていない場合に、家庭裁判所に手続きをすることで認定されます。相続の開始があることを知った時からカウントが始まりますから、その日から三か月以内に手続きをしなくてはいけません。どこの家庭裁判所に申請したらいいかですが、被相続人の住民票がある場所にある家庭裁判所です。

その家庭裁判所に必要な書類をそろえて申請すると、家庭裁判所から照会状が郵送されてきます。自分の意志で相続放棄を望んでいるのかや、その目的などを尋ねられます。この時の手順は各裁判所で多少の違いがあり、照会状を送り返すだけではだめで、直接面接をしないとダメな場合もあります。家庭裁判所への申請が受理されると、相続放棄申述受理通知書という書類が届けられます。

相続放棄を申請する時に必要な書類はたくさんあります。まずは被相続人が死亡したという事実を証明しないといけないので、戸籍謄本か除籍謄本を用意します。住民票除票も用意しましょう。それから申請を行う本人の戸籍謄本も必要です。

後は収入印紙を800円分、そして相続放棄申述書です。申述書の書き方がわからない場合は、家庭裁判所に資料が用意されていますし、裁判所のホームページから確認することが可能ですから、参考にしましょう。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website