相続放棄の必要性とは

故人が生前に残した遺産を、相続権を持っている遺族たちが受け継ぐことを相続と言います。預金や土地、家などの相続を巡ってトラブルに発展するケースもあるくらいですが、被相続人が残した遺産が必ずしもいいものばかりとは限りません。相続する遺産には、借金などの負の遺産もあるからです。自分が作ったのではない債務を背負うことになるのは、遺族にとっては不公平ですし、誰でも相続したいものではありません。

そこで法律上でも相続放棄が認められているのです。相続放棄をしてしまうと、いい遺産も負の遺産もまとめて放棄することになりますから、膨大な債務など相続することで負担の方が大きい場合に申請するといいでしょう。相続放棄は、自分に相続が発生してから三か月以内に家庭裁判所に申請しないと認めてもらえません。家族が亡くなった場合は、その時から相続が発生することになりますが、親が離婚した場合などのように後から死亡した事実を知った場合は、その事実を知った時から数え始めて三か月です。

被相続人が亡くなってから三か月以上経過してから、自分に相続が発生したことを知った場合でもまだ間に合いますから、焦らないようにしましょう。相続放棄を行った方がいいケースですが、被相続人が多額の借金を抱えている場合や、誰かの保証人になっている場合、プラスの遺産よりもマイナスの遺産の方に偏りが大きい場合などです。不動産などの分配しにくい遺産などでトラブルを回避したい場合も実行されます。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website