相続放棄の手続きは家庭裁判所へ

相続財産というと、普通は不動産や預貯金、現金、有価証券などのことを思い浮かべます。これらはもちろん相続財産ですが、相続の対象になる財産はこれだけではありません。親の残した借金なども相続財産の中には含まれるのです。プラスの財産とマイナスの財産があっても、合算してプラスなら相続することにやぶさかでない人がほとんどでしょうが、合算してマイナスになる場合は、相続したくないと思う人がほとんどでしょう。

被相続人の財産を相続するのもしないのも、実は相続人の自由です。巨額の借金ばかりが残っているというような場合は、一定の手続きをすることで相続放棄をすることができます。相続放棄してしまえば、被相続人の借金は一切返済する義務はありません。相続放棄をする場合は何もせずに放置していてはダメです。

家庭裁判所で手続きをする必要があります。この手続きを怠ると、自動的に相続したものと見なされて、借金の支払義務などが降りかかってきますから注意が必要です。具体的には相続を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し込む必要があります。それから、手続き前に財産を部分的にでも使ってしまうと相続放棄が認められるなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

ちなみに、お金を貸す側の人たちは相続放棄されてしまうと、債権回収が不可能になってしまい不利益をこうむりますから、なるべく放棄されないように、3ヶ月間は黙っているケースがあります。3ヶ月気づかずにいると、いきなり借金を負う可能性がありますから注意が必要です。

Filed under: 士業, 慰謝料, 離婚Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website