遺産相続弁護士に相談できる法律問題について

遺産相続弁護士は、遺産問題について専門的に扱う弁護士ですので、相談することができるのは遺産に関することです。遺産は、民法の相続法が根拠規範となります。つまり、その分野であれば大抵は相談することが可能です。まず一つが、遺言書の作成についてです。

遺言書は、作成のルールが法律上決まっていて、それに従わないと効果が発生しません。ただ、法律の解釈の中で争いがあることなどは、判例が先例となっています。遺産相続弁護士は法律の解釈について判例の知識を基に、正確な見解を示してくれます。具体的には、自分が残したい遺言の文面のことについて相談をすれば、それが法的に問題ないかを助言してくれます。

また、遵守すべき手順がわからないという場合は、そのことを教えてもらうことができます。次に遺産相続弁護士が扱えるのが、相続放棄の手続きについての相談や代理です。相続放棄は一定期間内に家庭裁判所に申し立てなければなりませんが、そのためにしなければならないことについてわからないという場合には、相談をすることで適切なアドバイスをしてもらうことができますし、依頼をすれば手続きを代理してもらうことができます。そして、そのほかには、遺産の争いで調停をするとなったときに、代理人となって代わりに依頼者のために行動をしてもらうことも可能です。

このように、遺産相続弁護士は、相続問題に関するあらゆる局面で、相談者や依頼者のために行動をしてくれる存在です。

Filed under: 士業, 弁護士, 過払い金Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website