相続トラブルは遺産相続弁護士へ

相続とは故人が遺した遺産を相続人たちが継承することを指しますが、実際に相続が発生した場合には時として相続トラブルが親族間で起こってしまうケースがあり、それは決して特殊なことではありません。特に相続人が複数人いるようなケースでは相続人の一人ひとりがそれぞれ自分の主張を譲らずに張り合い、いつまでたっても相続が完了しないことがあります。たとえば遺産として残された財産のうちの現金や預貯金の割合が少なく不動産が大部分を占めているような場合、その分配は容易くないため、もめ事に発展してしまう可能性が高まります。最悪の場合、遺産の分配を巡って裁判沙汰となってしまうことも決して稀なことではありません。

血を分けた肉親同士が遺産の相続をめぐって争うということは非常に悲しいことです。そうならないためにも何らかの手段を講じる必要があります。そのため、将来発生するかもしれない相続トラブルを未然に食い止めるために遺言状の作成などの手段は実に効果的な方法となります。ただし、遺言状の作成などに関しては法的な知識が必要になることも多く、書式が不十分な場合には遺言状そのものが無効となってしまうこともあるので遺産相続弁護士への相談は必須です。

また、遺産相続弁護士の役割は遺言状の作成だけではなく、遺産分割協議書の作成や生前贈与の相談なども主要な役割となっています。将来的に発生するかもしれない相続トラブルを未然に防ぐのであれば、その手段として遺産相続弁護士へ相談をするようにしましょう。

Filed under: 士業, 広島, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website