遺産相続の問題に関しては弁護士に相談をした方が良い

ある人が亡くなった場合でその人が遺産に関して遺言書を遺していない場合には、相続人全員が集まって遺産分割協議を開くことになります。この場合には原則として相続人全員が集まらなければならず一人でも欠けている場合には無効となってしまいますが、相続放棄をした相続人は遺産分割協議に参加する必要はないのでその点は注意する必要があります。この遺産分割協議によって遺産の分割方法の仕方を決めることになりますが、亡くなった人が金銭しか持っていない場合には民法の規定通りに分ければ良いのでそれほどトラブルになることはないです。ただ亡くなった人の遺産の中に不動産や有価証券がある場合には相続人間で争いになることがあるので、その時のことを考えて客観的な目で見ることができる弁護士に立ち合いを求めるのも一つの方法です。

遺産相続の問題に関して家族間で争いが起こり裁判にまで発展すると、その後関係を修復するのはとても難しく親兄弟の間が冷え切ってしまうこともあります。それでは亡くなった人が浮かばれないので、遺産相続のことに関して揉める可能性がある場合には予め弁護士に相談をした方が良いです。最近では遺産相続に関して力を入れている法律事務所が増えていて、この問題に詳しい弁護士も沢山います。家族間だけで問題を解決しようとすると色々と大変なこともあり難しいことも出て来るので、そういったことを未然に防ぐためにも遺産相続のことに関しては前もって弁護士に相談をすることが大切です。

Filed under: 士業, 弁護士, 離婚相談Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website